骨盤矯正運動で骨盤の歪みを治そう

骨盤矯正運動で骨盤の歪みを治そう

骨盤の歪みに効果のある、骨盤矯正運動の方法を紹介します。

骨盤が歪んでいるとどんな影響があるの?

骨盤が歪んでいると、身体に様々な影響を及ぼします。

影響を及ぼすのは骨盤周辺だけでなく、O脚や、膝・股関節の不調、下半身のたるみ、肩こり・腰痛、足のむくみ、新陳代謝の低下などの原因となります。

また、女性特有の症状としては、生理不順や生理痛が現れることがあります。

運動の前にまずはストレッチから

ストレッチ

骨盤矯正運動をする前に、まずはストレッチで身体をほぐしましょう。

ストレッチ1

1) 仰向けの状態になり、両足の裏と裏を合わせて膝を開きます。※この時、背中や膝が床から離れないように注意します。

2) 次は仰向けの状態のまま、W字になるように、足の裏を外側に向けて膝を折り曲げます。(アヒル座りのような形)※この時、背中や膝が床から離れないように注意します。

ストレッチ2

1) 横向きの状態で寝て、下側にある方の膝を前に出し、同じ側の手で膝を押さえます。

2) 卍字状になるように上側にある方の膝を90度に曲げ、同じ側の手で足をつかみます。

3) この状態で30秒ほどキープします。

4) 寝る向きを変えて1)~4)を同様に行います。

骨盤矯正体操

ストレッチが終わったら体操で身体を慣らしましょう。

体操1

1) うつ伏せに寝ます。

2) うつ伏せの状態で、お尻を左右にフリフリと揺らします。

3) 1分~2分ほど揺らしたら、左右のお尻を両手でポンポンと叩きます。

体操2

体操2

1) 正面を向いてまっすぐ立ちます。

2) 片膝を少し上げて(90度くらい)、そのまま大きく前方へと踏み出します。

3) 踏み出した足を元に戻します。

4) 足を入れ替えて同様に行います。

5) 1)~4)を5回繰り返します。

骨盤矯正エクササイズ

骨盤矯正エクササイズ

1) 仰向けの状態で寝て、両足の裏を床につき、ひざを立てます。

2) そのままの状態で、腰を無理のない範囲で浮かせます。

3) その状態で20秒ほどキープします。

腰回し運動

1) 足を少し開いた状態でまっすぐ立ち、両腰に手を当てます。

2) フラフープを回すような要領で、腰をゆっくりと大きく右に回します。

3) 同様に左回りで回します。

4) 2)~3)を10回繰り返します。

おしり歩き運動

おしり歩き運動

1) 柔軟体操をする時のように、足をまっすぐ伸ばし、床に座ります。

2) 両腕は胸の前で交差させます。

3) その状態のまま、お尻を交互に出して前へ進みます。

4) 10歩進んだら、10歩下がります。

5) 進む、下がるを5回繰り返します。

骨盤スクワット

骨盤スクワット

1) 足を少しがに股気味に開き、まっすぐ立ちます。

2) 背筋は伸ばし、前かがみにならないようにして、ゆっくりと膝を曲げ腰を下ろしていきます。

3) お尻が脚につかないよう、ぎりぎりまで下ろしたら、ゆっくりと腰を上げていきます。

4) 元の状態に戻ったら、つま先立ちになって背伸びをします。

5) ゆっくりと元の状態に戻ります。

まとめ

以上、骨盤の歪みに効果のある、骨盤矯正運動を紹介しました。

どれも簡単にできるものなので、ぜひ自宅でやってみてください。

骨盤の矯正だけでなく、肩こりや腰痛、足のむくみなどにも効きますよ。