下腹ぽっこりの原因は?自宅で簡単に解消する方法を紹介!

下腹ぽっこりの原因は?自宅で簡単に解消する方法を紹介!

「下腹がぽっこりと膨らんでいるのを何とかしたい」いう人は多いのではないでしょうか。

ぽっこりおなかは女性に多い傾向がありますが、男性でお悩みの方も多いと思います。でもなぜ下腹だけがぽっこりと膨らんでしまうのでしょうか。

今回はぽっこりおなかの原因や解消法を紹介しますので、お悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

下腹ぽっこりの原因は?

お腹まわりの筋力低下

お腹まわりの筋肉は、普段日常生活ではあまり使われないので、加齢などによって衰えやすいです。

お腹まわりの筋肉は内臓を支える重要な役割があります。この筋力が低下すると内臓を支えることが出来なくなくなり、内臓が下垂して下腹が膨らんでしまうのです。

骨盤の歪み

骨盤が歪んでいると骨盤の開閉がスムーズに行なわれず、骨盤が常に開いている状態になります。すると、内臓が本来あるべき位置を保つことが出来ずに下がってしまい、下腹が膨らんでしまいます。

姿勢が悪い人や脚を組む癖のある人などは骨盤が歪みやすいので気を付けましょう。特にパソコンやスマートフォン使用時は背中を丸めて前かがみの姿勢になりやすいので、長時間使用する人は要注意です。

皮下脂肪や内臓脂肪

運動不足や食生活の悪化などによって、皮下脂肪や内臓脂肪はつきやすくなります。こうした余分な脂肪がどんどん蓄積されていくと、下腹がぽっこりと膨らみやすくなります。

便秘

便秘になって腸内にガスや便が溜まっていると、下腹がぽっこりと膨らみやすくなります。腸内環境にもしっかり気を配る必要があります。

下腹ぽっこりを解消する方法

お腹まわりの筋肉を鍛える&骨盤の歪みを整える

下腹ぽっこりを解消するには、まずはしっかりお腹まわりの筋肉を鍛えて、骨盤の歪みを整えてあげることが大切です。

お家で出来る、ぽっこりおなかに効果的なトレーニング方法を紹介しますのでぜひやってみてください♪

トレーニング方法1

1) 仰向けに寝て、両脚はそろえてまっすぐ伸ばした状態にします。手は体の横、腰のあたりにおきます。

2) 両脚をそろえたまま浮かせ、床と90度くらいになるまで上げます。

3) 両脚はそろえたまま、ゆっくりと下していきます。

4) 脚が床につかないギリギリのところまで下ろしたら、その位置で5秒間キープします。

5) 再度、両脚を床と90度くらいになるまで上げます。

この両脚の上げ下げの動作を10~20回ほど繰り返します。これを1セットとし、1日に2~3セット行います。

上半身には力を入れないようにして、下腹部の筋肉をしっかり意識して行うのがポイントです。

トレーニング方法2

1) 仰向けに寝て、ひざを立てて足を腰幅くらいに開きます。手は体の横、腰のあたりにおきます。

2) おへそを天井に突き上げるようにしてお尻を浮かせ、上がりきったところで5秒間キープします。

3) 元の状態にゆっくりと戻します。

このお尻の上げ下げの動作を5~10回ほど繰り返します。これを1セットとし、1日に2~3セット行います。

筋トレが苦手な人におすすめの方法

続いては、テレビを見ながらでもできるお手軽な方法を紹介します。お手軽でも正しく行えば、しっかり効果は発揮されます。「筋トレは苦手・・・」といった人に特におすすめの方法なので、ぜひやってみてください。

1) まずは姿勢を正します。※座っていてもOK

2) 息を吸いながらお腹を膨らませます。限界まで吸ったところで息を止めます。

3) 息を吐きながらお腹を凹ませます。おへそが背中にくっつくようなイメージで思い切り凹ませましょう。

4) 息を全て吐ききったら、お腹を凹ませた状態で20秒間キープします。※この時呼吸はしてOK

この吸って吐いての動作を5~10回ほど繰り返します。これを1セットとし、1日に2~3セット行います。

正しい食習慣を心掛ける

腸内環境を整えるためには、1日3食の正しい食習慣を心掛けるようにしましょう。

基本的には栄養バランスのとれた食事をすることが大切ですが、便秘解消にはヨーグルトが特におすすめです。ヨーグルトにはビフィズス菌や乳酸菌が含まれており、腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれます。善玉菌が増えると腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、排便が促されます。

また食物繊維も、便秘解消には欠かせない栄養素です。穀類(玄米・とうもろこしなど)、豆類(大豆・納豆・おからなど)、海藻類(海苔・わかめなど)などを組み合わせて摂りいれるようにするといいでしょう。

正しい姿勢を心掛ける

姿勢が悪いと骨盤の歪みの原因になりますので、正しい姿勢を心掛けるようにしましょう。

座る時は、深く椅子に腰掛けるのではなく、真ん中あたりに腰かけるようにします。背もたれにはよりかからずに、顎を軽く引き、背筋をピンと伸ばして座ります。下腹部に力を入れて、骨盤を立てるように上半身を伸ばすイメージです。パソコンやスマホを見る時は猫背や巻き肩になりやすいので、特に注意しましょう。

また、ついつい脚を組んで座る癖のある人も多いと思いますが、骨盤の歪みが生じやすく、ぽっこりおなかだけでなくO脚やX脚の原因にもなるので避けたいところです。ひざとかかとを閉じて座るよう意識的に改善していくようにしましょう。

ぽっこりお腹がひっこむ!おすすめグッズ

ぽっこりお腹がひっこむ、おすすめグッズを紹介します。

気になる下腹をしっかり矯正「スリムアップホールド」

ウルトラハイウエスト スリムアップホールド

スリムアップホールドは、これ1着でコルセット+ガードル+骨盤ベルトの役割を果たしてくれるので、くびれ・美尻・美脚といったボディラインをまとめて矯正してくれます。

骨盤まわりを締め付けるだけではなく、ぽっこりおなかをすっぽり包んで胸下まで引き締めてくれるウルトラハイウエスト仕様になっているので、カンタンにキレイなボディラインを作ることができます。

着るだけで骨盤ケアが出来るのでとっても簡単!下腹のぽっこりが気になる人はもちろん、お尻が垂れてきてしまった人や内股の隙間が無くなってきた人、産後の骨盤の歪みを補正したい人などにもおすすめです。

ボディラインをまとめて矯正!スリムアップホールド